かいとうニャニャーン!

かいとうニャニャーン!

0リアクション

しろいシーツのなか

しろいシーツのなか

0リアクション

セニョリータ

セニョリータ

0リアクション

先日のカルロスにまぎれるカルロス

先日のカルロスにまぎれるカルロス

3 リアクション

おいで、こひつじちゃん

おいで、こひつじちゃん

1 リアクション

頭が爆発しているね

頭が爆発しているね

2 リアクション

完全拒否された

完全拒否された

2 リアクション

"

合わせ味噌:おおさじ4
プレーンヨーグルト:おおさじ4
みりん:おおさじ1
にんにく(すりおろし):1片
とりむね肉:2枚

味噌によっては辛いものもあるので、そういう場合はみりんを多目にするといいです。

レシピは上記のようになってますが、私はいつも適当に混ぜてます。
初めて作った時はレシピ通りにして、あとは混ぜたタレの色を見ながら微調整してます。
にんにくも2片使いますね。(肉1枚に対して1片使ってます)
タレを舐めて調整するといいでしょう。
鶏ムネ肉のにんにく味噌漬け 合わせ味噌とプレーンヨーグルトにみりん、すりおろしにんにくを混ぜる。 スーパーにある透明のビニール袋に入れて混ぜるといいよ。 そこに鶏胸肉を入れて、タレとよく混ぜます。 胸肉は分厚いところに切れ目をいれておきましょう。 ビニール袋から空気抜いて口元を固く縛って(チャックのついた保存袋に入れるといい)、冷蔵庫で2~3日ねかせます。 取り出した肉を水であらってタレを取ります。 肉の水気を拭かないで、耐熱皿に並べて電子レンジで火が通るまで加熱。この時キャベツなどの野菜(お好みでエリンギなどのキノコ類などもいいですよ)を一緒に加熱するとほどよく味がしみておいしくできます。 火が通ったら薄切りにしていただきます。 にんにくの香りがきついですが、胸肉のパサパサ感がなくなってびっくりするほどおいしいです。

"

胸肉のパサパサ感がなくなってびっくりするほどおいしい 鶏むね肉のにんにく味噌漬け:[2ch]お料理速報

1 リアクション

"そもそも、Facebookの本来の使ひ手になるべき30代や20代の若い人たちの多くが、なぜ同窓会に行かないのかを考へてみるとよい。特に氷河期世代を中心として、多くの日本の若者が、定職に就けていなかったり、結婚できていなかったりする。私の周りにもそういう人はゴロゴロいる。そういう人たちは、同窓会に行って、「おー、久しぶり!今、何やってんの?」と現況を訊かれるのが辛いのだ。Facebookに登録する、あるいはそこで活動するということは、同窓会に出かけて行くようなものなのだ。誇らしい経歴を持っている人は喜んで出かけて行くが、そうではない人にとっては出かけにくい場所である。"

Facebookが日本で流行らない3つの理由 暫定龍吟録 (via shibata616)

(元記事: katoyuu (bota-mochiから))

262 リアクション

"

「働きアリというのは実は1日の1/3の時間は働いていて、あとの2/3は遊んで暮らしているそうです。そこらへんを散歩にいったり、女王アリのひげをさわって遊んだりとか特に目的のないことをしているようです。」だって。かわいい。
"

Twitter / @morishige (via fffff9)

(元記事: mnky (bota-mochiから))

4,226 リアクション